Tel / 

MINAMI FUKASAKA

Minami Fukasaka Official Page

INFO

2016-09-27 07:49:00

 

 

 

I opened the door to the world of beauty that spreads in the bosom of spirit. I, in my twenties, turned an eye to the inside of myself.

A large darkness was there.

Fear, anger, grief, terror, and varieties of scars in that darkness tormented me. 

I kept facing each of them.

 

I took steps and steps, forward.

Then, a small light came into my sight.

That light grew larger and larger?big enough to cover me up. A beautiful scene, I’ve never seen before, appeared in front of me.

I came across a new world. There, small lives are ever shining brightly. 

I came to hope that I could share this beautiful scene with other people, thereby making up my mind to draw paintings.

I want this finding to remain in the art history, as a token of my own birth in this generation, with a view to passing it on to the ages yet to come.

 

In 2002

I made up my mind to face myself.

I dropped playing by myself.

I encountered a large darkness inside myself.

I spent days and days, suffering fear and despair.

I drew paintings as if I spew out.

I’ve been kept alive by the beautifulness of small lives and the greatness of the nature.

 

It was when the “people,” including myself, looked like demons, and when I was losing hopes to live and was clinging to the death, that a light from the moon covered me up, with the brightness I’ve never experienced. 

When small grasses and flowers, always besides me, got wet with rain, a drop thereof comforted me.

There was love.

I thought I may visit the world of love, by choosing death.

Thus, I came to live in the world of illusions.

 

A clever and gentle angel was always close to me, and I was on the lap of God.

I was between a real world of despair and an illusory world of beauty, visiting and leaving one the other.

Opening the door to darkness over and over again, I lost my own values because of despair.

I continued walking in the darkness.

Cries of desperation are heard.

 

Cherry blossoms and a beautiful, gigantic spider are seen, high in the blue night sky. 

When I was walking on a road, the sky fell to the earth, overturning. 

I dreamed of a lot of dreams.

I was on the back of a big dragon, touring around the world.

Stone-sculpted animals were inspired with life, and they began moving.

A beautiful flower is in bloom, under the sky in red, like flames. 

Someone tries to look important by copying and analyzing, while I dislike social and historical studies.

Symmetry does not exist. No two things are the same in this world.

I wish to believe only in the impact and energy that accompany creation.

Varied thoughts encircled in my head, which forced me to make paintings and poems, only to control excitement. 

Then, I saw beams of light coming on, gradually. 

 

Beauty began, bit by bit, dwelling in the “people,” who looked only like demons. 

It began to seem that the world of beauty I seek is the same as the world of beauty the society wants.

While a stock of paintings I’ve drawn, are, as I pledged, to be shown only to reliable friends, God, and the angel next to me, I now like them to be seen by more people.

 

I came across the world of beauty, far in the back of the darkness in spirit.

That was a fusion between the real world and the illusory world.

I was able to unite with the beautiful world, without breaking into the solitary world of illusions.

 

Then, I came to keep a big dream.

That is, I wish to pass on my findings in the world of beauty to the entire earth.

I would like to present, as a token, the paintings of my own to the whole world of art.

The large door to the world sleeps in the bosom of each individual.

Everyone has the key to the door.

What the key means is, face yourself straight.

 

When you turn an eye to a smaller world, coming to you closer gently, a gigantic world attacks you suddenly.

While covering up a smaller world, I am overwhelmed by a larger world behind, whereby I have an illusion as if I am extinct.

Then, I see a beautiful scene spreading in front of my eyes.

 

 

 

-----------------------

 

 

 

Profile 

 

 

Apr. 1977 Born in Osaka, Japan

Jan. 2006 Poetry and Picture Book “Motto Chikakuni Kiteyo” published

Nov. 2006 Ribbon Prize, International Orchid Exhibition

Apr. 2007 Award, Shinseiki Art Exhibition

June 2007 Award, Acrylic Art Exhibition

Dec. 2007 Award, Kansai-Shinseiki Art Exhibition

June 2008 Award, Acrylic Art Exhibition

Nov. 2008 Award, 1st Tugboat Award

Mar. 2009 Award, Wonder Seeds 2009

Apr. 2009 Young Artists Japan 2009

May 2009 Solo exhibition “Flowering Time” at Kinosho Kikaku

June 2009 Gallery 798 Beijing, Beijing

Oct. 2010 Rufus Lin Gallery of Japanese Art, Canada

Mar. 2013 Solo exhibition “Birth,” Gallery Cafe Shizuka

Feb. 2015 Rose de Monaco Prize, 9th Monaco-Japan Art Festival 2015

May 2015 Exhibits in Osaka, 20th OASIS 2015, official art festival, Japan Pavilion, EXPO Milano 2015

June 2015 Exhibits in Milan, 20th OASIS 2015, official art festival, Milan Pavilion, EXPO Milano 2015

July 2015 Permanent Peace Exhibition, Madeleine Church, Paris

 

Paintings are on display at foreign embassies and official ambassador residences in Japan.  


https://goo.gl/NVasnk

 

 

 

「私は精神の奥深くに広がる美の世界の扉を開けた!」

ふかさか みなみ

 

 

-----------------------

 

 

私は精神の奥深くに広がる美の世界の扉を開けた。

20代の時、私は自分の内側に目を向けた。

そこには大きな闇があった。

恐れ、怒り、悲しみ、恐怖、様々な傷が闇となり、私を苦しめた。

私はそれらと向き合い続けた。

 

そして、前へと歩き続けた。

すると、小さな光が見えはじめた。

小さな光はどんどん大きくなり、光が私を包むようになった。

見たこともない美しい景色が私の前にあらわれた。

私は新しい世界と出会った。

そこでは、小さな生命が燦々と輝いている。

私はこの美しい景色を他者と共有したいと強く願うようになり、絵を描くことにした。

そして、私はこの発見を、私がこの世代に誕生した証として美術史に残し、後世へと渡していきたい。

 

 

-----------------------

 

 

2002年

私は自分と向き合うことを決めた。

自分を演じることをやめた。

私の中にある大きな闇と出会った。

恐怖と絶望に苦しむ日が続いた。

私は吐き出すように、絵を描いた。

私を救ってくれていたものは、小さな生命の美しさと、大自然の偉大さだった。

 

自分を含めた「人」が、悪魔のようにみえ、生きる希望を失い、死にすがっていたとき、

月の光が、今まで経験したこともない輝きで、私の心を包んでくれた。

いつも近くにある小さな草花が雨に濡れた、その一滴が、私を慰めてくれた。

そこには、愛があった。

私は、死を選ぶことにより、愛の世界にいくことができるのではないかと思った。

そして、妄想の世界で私は生きるようになった。

 

私の隣には聡明で優しい天使がいつもおり、私は神様の膝に座っていた。

私は、絶望の現実の世界と、妄想の美の世界を行ったり来たりしていたのだ。

闇の扉を何度も何度も開き、絶望で自己の価値をなくした。

私は暗闇の中を歩き続けた。

行き場のない絶叫が聞こえてくる。

 

青い夜空に浮かぶ、桜の花と、美しく巨大な蜘蛛。

道を歩いていると、天と地がひっくり返った。

沢山の夢をみた。

大きな龍に乗り、世界を巡った。

石像になっている動物に命が宿り動き出した。

 

美しい花が炎のような赤い空の下で咲いている。

模写し、分析して偉そうにしている、社会と歴史が嫌い。

対称というものは存在しない、同じものはこの世に1つとてない。

創造するときの衝動、エネルギーだけを信じたい。

いろんな思いが私の頭をぐるぐる周り、私は興奮を抑えるために、絵を描いたり詩を描いたりした。

すると、少しずつ光の筋があらわれてくるようになった。

 

悪魔にしか見えなかった「人」に、美が少しずつ宿るようになっていった。

私が求めている美の世界と、社会が求めている美の世界は同じであるような気がしてきた。

沢山描きためていた絵は、信頼している友人と、神様、隣にいつもいる天使にだけにしか、

生涯見せないと誓っていたのだが、もっと多くの人に見てもらいたいという思いがわいてきた。

私は、精神の闇の奥にある、美の世界と出会った。

それは、現実の世界と妄想の世界との融合であった。

私は、孤独な妄想の世界に入らずとも、美しい世界と手を結ぶことができたのだ。

 

そして、私は大きな夢を抱くようになった。

それは、この美の世界の発見を、全世界に伝えていきたいということだ。

私が今まで描いてきた絵を証とし、美術界に提出していきたい。

大きな世界の扉は、一人ひとりの心の奥底に眠っている。

すべての人がその扉の鍵を持っている。

その鍵は、自分と向き合うことだ。

 

小さな世界に目を向け、そっと寄り添うと、突然巨大な世界に襲われる。

小さな世界を包んでいた私が、その奥にある巨大な世界に圧倒され、自分が消滅したかのような錯覚に陥る。

そして美しい景色が目の前に広がっていく。

 

 

-----------------------

 

 

「点描画と輝く生命の色彩」

 

私は、真っ直ぐな瞳と

研ぎ澄まされた感性により

世界を表現するアーティストです。

私の世界観は、豊かな色彩と繊細な描写から

見ることができます。

 

 

-----------------------